ホワイトニングと審美歯科

年を取るにつれ、歯の黄ばみが気になってきます。人によっては黒ずんでくる場合もあり、人前で歯を見せることに抵抗を感じるようになってくるのです。それが原因で、外出を嫌がるようになり、人付き合いも少なくなってくることもあります。それほど、歯の黄ばみが人の生活や性格に与える影響は大きいのです。

医者黄ばんだ歯を白くするためには、ホワイトニングが有効です。このホワイトニングは簡単に言うと、歯にホワイトニング剤を塗り、黄ばみを取り除いていくというものです。元々はアンチエイジングが目的で始まったこのホワイトニングですが、大きく分けて審美歯科で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングの2種類があります。オフィスホワイトニングは、歯科医が行うため、濃度の高いホワイトニング剤を使います。そのため、効果に即効性があることが特徴となります。ホームホワイトニングは、マウスピースにやや濃度が低めのホワイトニング剤を塗布し、装着することで、徐々に白くしている方法となります。

オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも、それぞれ特徴とメリットがありますので、自分の生活スタイルなどに合わせて行うといいでしょう。そして、歯を白くすることで、人前で話すことに抵抗がなくなり、社交的な性格になることが、実はホワイトニングの一番のメリットと言えます。このサイトは審美歯科で行うホワイトニングの種類について説明します。