ホワイトニングの意味

女性と鏡経年とともに、身体のいたるところに変化が起きてきます。黒かった髪は白いものが多くなり、ハリのあった肌は潤いがなくなり、たるみも出てきます。そして白かった歯も、徐々にくすんできたり黄ばんできたりするのです。さて、初対面の人と話すとき、まずどの部分に目がいくでしょうか。ほとんどの人は、顔を見るはずです。そのとき、口元からのぞく歯で、その人の印象は大きく変わってくるのです。

歯が白ければ、年齢よりも若く見られますが、黄ばんだ歯をしていると、年齢以上に老けて見られることもあります。このように歯は、色だけでその人を印象付けてしまう部分なのです。そのため歯を白くするホワイトニングに今、注目が集まっています。

ホワイトニングは元々、アメリカでアンチエイジングのために始まりました。例えば歯が黄ばんでいたりすると、それを気にするあまり、人と話すことさえためらいがちになり、外へ出ることさえ億劫になることがあります。しかし、歯を白くすることでそういった引っ込み思案な部分がなくなり、社交的な性格になるわけです。そういう意味で、歯のホワイトニングは大きな意味を持っているのです。ホワイトニングは歯医者で行ってくれますが、審美歯科であれば歯のケアを専門にしていますので、安心して任せられます。